「日本銀行」がどのような機関・役割で、経済にどのような影響を与えるか

日本銀行は、日本の中央銀行として、以下のことを目的としています。

  1. 銀行券を発行すること
  2. 物価の安定を図ることを通じて国民経済の健全な発展に資すること
  3. 決済システムの円滑かつ安定的な運行を確保し、金融システムの安定に資すること

日本銀行(日銀)の取引先は、銀行と政府となっている。
私たち一般市民や会社は、日銀に直接お金を預けり、貸りたりすることはできません。一般の銀行は、企業や個人にお金を貸し、利子を取り、利益を得ています。その貸し出し金額は多額の金額になるため、銀行が持っているお金だけでは足りなくなることもあります。

その際、一般の銀行は、日銀からお金を借りて融資資金を確保します。日銀が一般の銀行にお金を貸すときの利子率を公定歩合と言います。公定歩合は、日銀がもうけるための利息ではありません。公定歩合を上下させることで、日本経済をコントロールできます。

景気が悪い時は、公定歩合を下げて銀行がお金を借りやすくします。銀行は資金に余裕が出て、たくさんのお金を企業や個人に貸し付けることができます。資金が欲しい企業や個人は、金利が下がればお金を借りやすくなり、投資や消費が拡大し、景気は良くなっていきます。

逆に、景気がいいときは、公定歩合をあげて、景気をひきしめます。
公定歩合が上がると、銀行は日銀から資金が借りにくくなり、企業や個人も金利が上がるから資金を借りにくくなります。
投資や消費の意欲は低下し、景気は落ち着ついていくことになります。

他にも、日銀は、通貨供給量の調整や国債の売買などの金融政策を行って、景気をコントロールしています。

オススメサイト