経済とは、お金、モノ(財)、サービスなどをを交換するシステム

法律、商慣習などの一定のルールに従って行われるお金、モノ、サービスのやり取りとも言えます。

私達は、働いて得た「所得」、貯めている「貯蓄」、投資による「利益」、不動産所得や金融所得などから「お金」を手に入れて、様々な商品やサービスを買っては消費しています。

資本主義社会においては、お金を得る為に働かなければなりません。
人々は家計を維持するために「対価(報酬)を得られる財・サービス・システム」を「生産」する必要がありますから、国民のほとんどは、生産者でありながら消費者であるという事になります。直接的な生産者(労働者)でないでも、定期的な不労所得を産む資産(不動産や有価証券など)から生活を維持する財産を持っている人や、お金を増やす為に「所有している資本」を投資している人だったりします。

個人と企業だけでなく、政府も国民から集めた税金や国債を使って、経済活動を行っています。
政府や地方自治体は、国家予算を公共機関に分配し、社会の利益の拡大と安全を確保する為の公共事業・公共投資・社会保障などの経済活動を行っています。
日本銀行は、金融政策によりインフレやデフレを防ぎ、円滑で健全な経済情勢を維持する調整を行います。

教育、医療、介護、福祉などの公共性の高い分野で国民の負担を少なくするための社会保障にも税金は使われています。
治安維持のための警察、国家安全保障のための国防、国益増進のための外交など税金の用途は様々です。
行政の公的事業に従事する公務員への給与や賞与も、税金によって賄われます。

オススメサイト

24時間・365日ペット火葬をお手伝い
http://www.suireisha-petceremony.com/
ペット火葬実務経験約8,000世帯の実績を持つスタッフで運営しております。